「保養」ってなに?  なぜ必要なの?

2011年3月11日の東日本大震災が引き起こした福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質は山々や川、海、人々が暮らす地域、生き物たち、人間たちの上に降り注ぎ、底知れない悪影響を与えてしまいました。

中でも、細胞分裂の活発な子どもたちへの影響は深刻です。

その悪影響から子どもたちを守ろうと避難した人たちが、全国に点在し、生活しています。でも、避難したくても避難できない人たちや、やむをえず帰還した人たちも沢山いるのです

子どもたちは今もなお、屋外で遊ぶ時間や場所の制限、食事の制限の下で暮らし、原因のわからない体調不良などに悩まされています。

チェルノブイリの事故以来、放射性物質をできるだけ体内に取り込まず取り込んだ放射性物質はできるだけ体外に排出し、免疫力をつけていけば、子どもたちは健康を回復するということがわかってきました。

それが「保養」と呼ばれ、日本ではさまざまな草の根・民間の力によって今もなお取り組まれています。

子どもたちを守りたい!
滞在型の保養生活によって、子どもたちが元気になる!

​​新着情報

 © 2016   NPO法人 「子ども保養サポート・上田」 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now